准看護師求人の初任給について

准看護師求人の初任給について



准看護師が就職したり転職したりする場合に気になるのが初任給ではないでしょうか? 経験を積めばそれなりに給料が上がっていく職業ですが、初任給は職場を選ぶ大切なポイントの一つになるでしょう。

ここでは、准看護師求人の初任給に関する話題を取り上げてみたいと思います。

准看護師の初任給の全国平均金額は約17万円というデータがあります。 「医療系の仕事の割には安い!」と思われるかもしれませんが、これは看護経験がゼロの場合の金額です。 准看護師のような医療専門職になると経験年数によって給与水準は違ってきます。

他の医療機関などで5年の看護実務経験があった准看護師の場合を考えましょう。 この准看護師が転職した場合の初任給は平均額の17万円よりも3万円程度アップして20万円以上になると思います。 実務経験が増えれば増えるほど転職した場合の初任給は増える傾向にあります。

しかし看護実務経験が10年ある場合の初任給は、同じ職場で働き続けた給与とあまり大差がなかったりします。 准看護師としての勤務年数が10年ある場合は転職をしても金銭的なメリットは少ないかもしれません。

准看護師の平均初任給は約17万円と説明しましたが、これはあくまでも平均的な金額です。 勤務先によっては、未経験の准看護師であっても17万円以上の初任給の場合もあります。 また逆に17万円に満たない水準の医療機関もあるのです。

初任給だけが就職や転職のポイントではないです。 けれども准看護師が未経験の場合の就職を考える場合には、初任給を比較することは大切な要因です。 きちんと調べれば17万円以上の給与をいただくことができるのです。

以上、准看護師の初任給に関する話題を取り上げてみました。 では、どのようにすれば初任給を上げることができるのでしょうか? お薦めしたいのは「看護師専門の転職サイトを利用すること」です。

専任のコンサルタントと相談をしながら転職や就職を進めていく方法です。 担当者に給与の引き上げ交渉を任すことで、就職先が提示しているよりも良い条件で雇って頂けるケースもあるようです。 少しでも高い給与水準で仕事をしたい場合は看護師専門の転職サイトを利用すると有利だと思います。

正看護師は個人病院に採用されにくい?

皆さんはこんな話を耳にした事はありませんか?「転職活動中の看護師は個人病院で雇用されにくい」という、正看護師よりも准看護師の方が個人病院では採用されやすい、という噂です。これは実際どうなのでしょうか。

医療の現場では正看護師と准看護師にそれほど技術の差があるかといわれれば、ほとんどないというのが現状です。

それなのに、准看護師の方が給与が抑えられています。病院側としては、こういう言い方は申し訳ないですが、ほとんど同じ技術力を持っているのに安い報酬で雇える准看護師の方が、雇用しやすいということになりますよね。

上の噂は転職中の正看護師の知人がこぼしていた愚痴のような噂でした。確かに全てが間違っているとは言い切れませんが、それだけではないというのも事実でしょう。採用されない理由というのは、様々なものが存在するからです。

これは看護師に限ったことではありませんが、面接時というのは面接官は受けに来た人のことをよく観察しています。

履歴書や経歴書、そして面接時の転職希望者の仕草や行動からでしか、その人の情報を得ることはできないのですから、面接官も必死です。転職希望の看護師さんに笑顔は多いだろうか、敬語はできているだろうか。個人病院ならなおさらサービス力やモラルを大切にするでしょう。

また、もし若い看護師さんでしたら、これから結婚やお子さんを生む可能性は高いわけです。病院側は長期で安定した働き方をしてくれる看護師さんを求めているのに、看護師さんの都合ですぐにやめられてしまっては困ってしまいますよね。

病院側の雇用条件と、看護師さんの働き方の希望が合わなかった、根本的な理由から採用を見送ることは少なくありません。このように雇用されない理由というのは人によって違いますので、最初に書いたような噂だけに振り回されるのはやめた方がいいかもしれませんね。

きちんと自分にあった職場を探したい、といったケースでは、転職支援サービスを活用するのも一つの手です。

転職のプロであるコンサルタントが、転職希望の看護師さんにあった病院などを案内してくれますし、転職に関したアドバイスや、面接指導などを行ってくれます。ひとりで頑張るよりも、効率よく、自分にあった職場探しができるでしょう。

転職したい看護師さんの転職暦の悩み

転職率の多い職業のひとつに看護師というものがあります。人間関係もあるでしょうし、ストレスで体を壊したり、結婚や、妊娠出産を機に看護師をお休みし、その後再び看護師に戻るママさん看護師もとても多いです。

家庭と仕事を両立するには、病棟勤務ですとなかなか難しいシーンもありますし、働く条件も年を重ねるごとに変わってくるのが普通といえます。

ですが転職の回数が多いと、履歴書に記載した際にイメージが悪くはならないか、気にしてしまう看護師さんも少なくありません。実際転職の多い看護師さんというのは、転職時に不利になってしまうものなのでしょうか。

たとえば、結婚と出産時に看護師を辞め、子育てが一段落したあとに以前と同じ病院に10年間勤務、その後体調を崩した事で退職し、派遣で看護師業務は継続、その後看護師学校で教壇に立ち、現在現場えの復帰を考えている、、といった経歴の看護師さんがいたとしましょう。

上記の看護師さんの場合、現在までに3回ほど転職をしていて、次で4回目の転職となります。ですが結婚や出産を機に転職というのは珍しいことではありませんし、育児をしながら同じ病院で10年間も勤めるというのはなかなか出来ることではありません。

体を壊しても派遣で看護師を続ける姿勢も素晴らしいことだと思います。看護への積極的な関り方や、転職をする事で様々な経験を培っていることは、転職をするにあたってプラス評価でしょう。転職の回数だけを見て、マイナスの評価をつけられることはないという例ですね。

ではマイナス評価をつけられる転職というのは、一体どのようなものがあるかというと、やはり短期間で何度も転職をリピートしている場合です。

同じ病院に3年未満しか働いた事がなかったり、転職の際の面接で以前の職場の悪口を口にした場合などが挙げられます。後者は、転職せざるを得なかった理由は、転職者本人にあるのでは?と思われてしまう可能性が高いです。

問題のある人物だから、転職を繰り返している。うちの病院に来てもらっても、すぐやめてしまうのではないだろうか、そう思われてしまうと採用されてしまいにくくなってしまいます。

年齢があがってくると、転職はいつごろまで可能なのか、というのも考えてしまうことだと思いますが、年が上の方が転職される場合は、出来るだけ自分がやりたい看護の仕事を見つけるようにしてください。

また勤続経験を持っている方でしたら、退職金をチェックすることも転職時にしておきたいことです。同じ看護の仕事をするのであれば、退職金が多いほうがやはり良いと思います。

とはいえこのような情報はひとりで確認してもわからないことですので、転職支援サービスを活用するのがオススメです。転職先を紹介してくれるプロのコンサルタントが、様々な相談に乗ってくれます。

退職金のこともそうですが、職場の雰囲気や、スタッフ間の雰囲気など、中にいなければわからないことも教えてくれますし、お給料や退職金の交渉なども引き受けてくれるでしょう。転職支援サービスには登録料0円で登録できます。ぜひ上手に利用して下さい。

↑ PAGE TOP