ハローワークの活用と看護師が利用する長所と短所

ハローワークの活用と看護師が利用する長所と短所

看護師が転職する場合にはハローワークを利用する方法があります。 ここでは、ハローワークの活用と看護師が利用する長所と短所をお話しましょう。

ハローワーク施設内には専用のパソコン端末が設置されています。 このパソコン端末を使って自由に検索もできますし、掲載されている求人票を見て気になる求人を探すことも可能です。自分が思う求人があれば、その場でカウンター窓口に行ってスタッフに相談し、さらに詳しい情報を教えてもらえます。また転職や就職の相談にも乗ってくれますから気軽に活用しましょう。

求人に納得して応募したいならばハローワークのスタッフに伝えてください。 スタッフは求人を出している医療機関の窓口にコンタクトして<紹介状>を発行して渡してくれます。 あなたは応募書類に紹介状を同封して郵送するか面接のときに持参をすれば良いです。 ここまでの段階をハローワークがサポートしてくれます。

これ以降の面接のスケジュール調整や病院の見学・休日や給与や入職時期などの条件確認は個人でしなければなりません。 施設によるのですが、履歴書や職務経歴書の作成方法やアドバイスをしてくれる場合もあります。 また「面接シミュレーション」や「マナー講座」などを随時実施している場合もあるので興味があれば参加してみるのも良いと思います。

ハローワークの開庁時間は基本的に平日は8時30分から17時15分までで、土曜・日曜・祝日は開いていません。 求人情報の相談や紹介については、平日19時まで開庁していたり第2土曜日や第4土曜日も10時から17時まで開庁している施設もありますので事前に確認しておきましょう。

では最後に看護師はハローワークを利用する場合のメリットとデメリットをまとめておきます。 メリットとしては、昔からある求人方法ですから大きな病院から小さなクリニックや診療所・医院などの求人情報があることです。 デメリットとしては、万人を対象としていますからナースバンクや看護師専門の転職サイトと比べたら情報量やサポートで見劣りすることです。

↑ PAGE TOP